★すぐ役立つ手紙の書き方

手紙の書き方が面白いほど身につく本



拝啓と敬具

タカシマヤ オンラインショッピング[銘菓百選]季節の特集

拝啓敬具使い方のポイントを理解せずに、手紙を発送してるが意外と多いので驚きます。お世話になった人に、まごころを伝えるコミュニケーションの手段として、手紙の書き方をマスターしたいですね。

手紙書き出し部分にも、出し方のノウハウ、フォーマットがあります。そのやり方は、通常、拝啓ではじまります。拝啓の次は、一字分空白を入れ、
 拝啓 ○○(例えば、初春)の候、時下ますます・・・ 
と、見本のように書きます。拝啓で改行し、2行目から文章を続ける書き方、文書もあります。
ワードなどパソコンで手紙を書くと、自動的の適当なテンプレートが出てくる機能もあります。インターネットで、雛形をダウンロードすることもできます。

最近、「拝啓 父上様」という言葉をよく見たり聞いたりします。間違いではありませんが、拝啓の次は、上記の様に定形の挨拶文などを入れるのが丁寧です。

拝啓と書けば、手紙の一番最後は敬具で終わります。拝啓は、「へりくだって申し上げます」という意味で、また「敬具」も「うやうやしく申し上げました」という意味があり、拝啓と敬具は常に対にして使います。

なお、拝啓の代わりに、謹啓を使ったり、返信する場合は、拝復が使われます。
拝啓を書かずに、前略で始める手紙もあります。前略と書き始めたら、最後は、早々、以上などの言葉で締めます。

★こまったときの手紙・はがき・文書の書き方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最新手紙・メールのマナーQ&A事典 パーフェクトマニュアル

最新手紙・メールのマナーQ&A事典 パーフェクトマニュアル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。